サプリメントの種類と販売店

サプリメントをお店で買う時には、配合されている成分について確認することをおすすめします。天然素材からつくられたサプリメントか、合成成分のサプリメントなのかは、特に知っておきたいことです。天然成分か、合成成分か、サプリメントに含まれている成分の違いは、栄養の吸収や効果に大きな影響を与えます。自然界にある動物や植物を原材料にしてサプリメントを製造したものが、天然素材によるサプリメントと言われています。合成成分とは、化学的に成分を合成してつくった成分であり、これらを含むサプリメントが合成成分のサプリメントです。天然成分で作られたビタミンCのサプリメントの場合は、オレンジやレモンといった柑橘系の果物から抽出された成分が配合されています。合成成分によるサプリメントの場合は、トウモロコシの糖分を元に人工的に作られたビタミンCが使用されています。市販の合成ビタミンCによるサプリメントは、大抵はトウモロコシの糖分からつくっているといいます。トウモロコシは天然成分ですが、そこから人工的に作りだすビタミンCは合成成分であるといえます。結論としては、ビタミンCに関しては合成によってつくったものという扱いです。製造の過程で手間がかかるために、天然成分からつくるサプリメントは、値段が高めです。天然成分の方が体に吸収されやすいので、サプリメントをお店で購入する場合にはやはり天然成分の商品をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>