メタボリックシンドロームと体重

体重を気にしている人は多いと思いますが、体重だけではなく病気のリスクがあるメタボリックシンドロームにも気を付けなければなりません。生活習慣病になりやすさも、メタボリックシンドロームの影響を受けています。こまめに体重を測って、太りすぎの傾向はないかを知っておくことです。自分の標準体重はいくつなのか、現在の体重はどのくらいか、体脂肪率は適正かなども測るようにしましょう。今、自分がどんな状態にあるか知ることが、メタボリックシンドロームの対策につながることもあります。内臓脂肪型肥満症候群とは、メタボリックシンドロームの別の名称です。内臓に中性脂肪が溜まっているタイプの肥満状態で伴う生活習慣病の要因を合わせ持っている人がメタボリックシンドロームだといえます。自分がメタボリックシンドロームかどうかを知るためには、体重とおなか周りのサイズを参考にします。内臓脂肪型とは内臓に脂肪がつく状態で、皮下脂肪型の人は、表皮の下に脂肪の層ができていたというものです。生活習慣病の原因になっているものとは、血中の中性脂肪濃度です。メタボリックシンドローム対策をするには、まず、今の自分の体重が標準体重に対してどの程度離れているかを理解することです。体重だけでなく、体脂肪率を計測して記録に残しておいてくれる体重計が一般家庭にも増えており、ダイエットの方針決定にも便利です。合わせて体重やBMI、ウエスト周りを計測し自分がメタボリックシンドロームかどうかをチェックするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>